バナー

●● Menu ●●
ホームへ ホームへ
商品一覧
ローズシロップ ローズシロップ
ローズサイダー ローズサイダー
ローズビネガー ローズビネガー
コンフィチュール コンフィチュール
ロージイソルト ロージイソルト
薔薇の紅茶 薔薇の紅茶
バラ湯 バラ湯
当園より

カレンダーの赤枠が休業日となっております。

2017年04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

香り高きバラさ姫

香り高き薔薇さ姫バナー

どうしても忘れられないといわれる香り

〜お客様の声〜
一枚一枚の花びらから香る華やかな「さ姫」の香りが今でも印象に残ります。
ビロードのような花びらから、ゴージャスな甘く、深い香りがかおり、お部屋をぱっと彩ってくれました。家にいらっしゃったお客様も大変興味を示されるほど存在感のある素敵なお花でした。

香り高きバラ

奥出雲薔薇園が生み出した薔薇

香りの薔薇「さ姫」は交配を重ね、香りと色を目的に改良したハイブリット・ティ(HT)の変種です。
「さ姫」の主な特徴としては、下記のようなことが挙げられます。

●通常のバラよりも極めて強い芳香
●色鮮やかな紅色
●香りの品質がとても上品
●通常のバラよりも2〜3倍の大輪
●開花時期が5月〜11月末までと長期間で継続的

名前の由来

島根県は出雲大社を代表に神話の国と知られ、中央部には「出雲風土記」にも登場する島根県を代表する山、国立公園三瓶山(石見富士)があります。昔より島根の自然・歴史・風土を象徴する存在であり、旧名が佐比売山(さひめやま)と言われていた点。薔薇の香り、色に魅了されるのは女性である点。以上の点により当社の開発した産業用薔薇に、島根県の「自然・歴史・風土」と「女性」と「薔薇」の3点からイメージ出来る名前として「さ姫」と命名しました。

10年を費やした奥深い香りの世界

10年を費やしたさ姫「さ姫」の研究は平成元年から始めました。まず、植物を育てるために必要である有機質の土を作る研究から始めました。

それと並行して草花や球根、樹木の研究栽培をしており、その中の1つであるバラの交配を重ねることにより、香りを高め、花の大きさも従来のものよりも倍の大きさのハイブリット・ティ(HT)の変種を作り出す事に成功しました。

 

香りは人間の感性に問いかけるもので、嗅覚においては強く甘い香りを感じる方や印象を感じられない方もいらっしゃいますが、その感じ方は人によって異なります。そのため種(母木)、繁殖(台木の開発)、栽培(技術の研究)、商品開発、消費者のニーズの選択を同時に進行しなければならず、世の中に「さ姫」が出るまで約10年の月日がかかりました。

10年を費やしたさ姫薔薇は季節により発育状況が異なり、薔薇にとっての適温は25度くらいです。日本の夏は薔薇にとって少し暑すぎるため放っておくと薔薇の株に対しつぼみが多く出すぎてしまい薔薇を弱らせる事に繋がります。

そのため咲いた薔薇はきちんと摘み取りを行い適切な手入れをすることにより薔薇の株を弱らせる事なく5月から11月まで長期間咲かせる事が出来ます。

 

当社開発の樹木被覆材を使用し、水分の吸収性を良くし、根を太く長いものにします。また、保温・暖衝効果もあり、冬期のバラの生長を促すとともに、芳香性の高い大輪のバラを咲かせます。

10年を費やしたさ姫薔薇には多くの病害虫がつきやすく、早めの対策が必要となってきます。当社では、食品やばら湯、お客様の肌で直接触れていただくためほとんど消毒をせずに日頃の手入れや十分な肥料により、バラを丈夫に育てて病害虫を寄せつけない薔薇栽培を心掛けております。



平成10年に開花した花弁を「香りの薔薇湯」として商品化し、テスト販売を始めました。

そして、タイアップ企業探しに奔走し、実施したところ当社の薔薇には集客性があり、「さ姫」の香りに人々が魅了される事が分かりました。

 

現在では約20種類の商品ができ、現在もタイアップ先を探しながら増え続けています。 


【奥出雲薔薇園】食用バラや各種薔薇原料素材の提供、弊社の薔薇関連商品を販売しています。 [http://fregrance-rose.com/]
お問い合わせ:info@fregrance-rose.com